2018年11月24日

僕にとって美しいものとは

KOTARO.M(中3)

 僕は、外を歩きながら今日のテーマ「美しいもの」を探していた。しかし僕は美しいと感じたことがほとんどないのだ。だから今回のテーマは僕にとってものすごく難しいことなのだ。

 美しいものとは何だろうと考えながら歩いていた。美しいものがどれなのかは見たら分かるが、その美しいものを見て大人みたいには感動できないのだ。感動をしていないということはまだ自分の人生の中で本当に美しいものと出会ったことがないのだと思う。それかまだ長く生きていないからだ。なぜ歳をとると美しく感じるかは、僕が大きくなってから分かることだから今知る必要はないと思う。このように僕は美しいからといって感動するというわけではないのだ。

 こんなことを考えながら歩いていたが、美しいものをまだ見つけられていなかった。僕は今までの人生で一番美しかったものとは何だろうと必死に思い出そうとしていた。すると、頭の中で一つだけ見つけることができた。それは坂本龍一というピアニストだ。僕はこの人の曲を聴いた時、心が落ち着き美しいと感じた記憶があった。坂本龍一の作る美しい音楽は世界でも感動を与えているのだ。僕も美しいものを作り上げ人々に感動を与えたいと思った。




「あなたにとって美しいものとは何ですか」というテーマについて考えながら、クリスマス前のキラキラした自由が丘の街を歩きました。

記憶の中まで探してようやく見つけた美しいものは、目に見えない形のないものだったということに、少し感動してしまいました。文中でKOTARO君は美しいものに感動することはないと書いていますが、坂本龍一さんの音楽の中に美しさを感じたなんて、むしろ感受性が豊かなのだと思います。どちらかといえば、美しいと感じる基準が高く、ちょっとキラキラしているくらいではKOTARO君のお眼鏡にかなわないということなのかもしれません。
KOTARO君は美しさを感じた時、「心が落ち着き美しいと感じた」と書いています。そういう心の動きこそがKOTARO君にとっての「美しい」なのでしょう。まさに感動できている状態だと思いますが、それを実感するのは、確かにもっと大人になってからかもしれませんね。
難しいと感じながらも、テーマと向き合い、自分と向き合うことで答えを見つけてくれた今回のKOTARO君の作文は、僕にはとても美しいものに感じられました。

塾長




posted by 塾長 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。