2016年09月24日

友達とゲームざんまい!

REO(小5)

 「こんにちはー!」
 下で友達の声がした。ぼくは急いで家の階段を降りた。今日は、ぼくの親友がひさしぶりに家にとまりにくる日だ。ぼくは、この日をわくわくして待っていた。
 ぼくは友達をすぐに家にあがらせ、最初からいっきに遊んだ。カードゲームをしたりテレビを見たり、いろいろな遊びをやった。
 次に外へ出てボウリングをした。最初はぼくが有利だったけど、だんだん友達がこつをつかんできて、三回も負けた。
「悔しいー。」
 ぼくはつかれてあくびをした。

 それからぼくたちは、家に帰ってひたすらゲームをしまくった。パソコンでゲームの攻りゃく法も見た。
 ぼくらがやったゲームはゲームのプログラムを相手にバトルするものだ。ぼくたちは交代交代でプレイする。ぼくがゲームをしている間、友達はぼけーっと横で見ていた。でも友達がやっている時は、ぼくは相手の弱点を教えたり、相手の好物を教えたり、アドバイスをしていた。こうしてまたひたすらゲームをした。

 「ごはんよー。」
 とお母さんの声がした。もう少しやりたかったけど、しかたなくぼくたちはゲームをやめた。ごはんはカレーだ。ぼくたちはカレーをばくばく食べまくった。
「いっそげー。」
 ぼくたちは、ずっと見たいテレビがあった。だから僕たちは急いでいた。早くテレビをつけて、遅れていないか確認した。
「まにあったー。」
 とぼくたちは言い、テレビを見た。
「楽しかったー。」
 と言ってテレビを見終わるとお風呂に入った。

 ふとんをしいてもらいそこにねころがった。そしてまたゲームをした。まだ見たいテレビがあるのであるのでまたテレビを見た。でもそれは意外と長かった。だからもう見るのをやめ、こりずにゲームした。最後はもう眠たくなったのでねた。
 ぼくは今日やったゲームのことを思った。友達がいてゲームをやって、一人でゲームをするよりよっぽど楽しさがあるんだと思った。



『ゲームをして、テレビを見た』ことばかりが、ひたすら書いてあるのですが、主人公がそれを全力で楽しんでいる勢いのようなものが伝わってきて、ちょっと微笑ましくなりました。例えば親友が家に来るなり「最初からいっきに遊んだ。」という表現は主人公の喜びや楽しんでいる気持ちの大きさを感じます。そして最後には「友達がいてゲームをやって、一人でゲームをするよりよっぽど楽しさがあるんだと思った。」という気づきがあり、ゲームをやることからも子どもたちは何かを掴み取っているのかと感心させられました。この最後の一文がなければ、ゲームばかりしてないで!と言いたくなるところでしたが(笑)

塾長


posted by 塾長 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2016年09月09日

緊張したナイスバランス

MANA(小5)

 ドキドキ、ドキドキと緊張していた。次の競技は、五年生のナイスバランスだ。私は入場門でリムという道具を持ってトップバッターの子の次に並んでいた。ついに前の競技が終わってしまった。私は、
「きんちょうする、きんちょうする!」
 と一人でずっと唱えるように言っていた。

 かけ足行進曲が流れ、トップバッターの子を先頭にして後にみんなが続いた。
 スタートラインについた。深呼吸をする。
「位置について、用意、パン!」
 ピストルの音と同時にトップバッターの子がいっせいにスタートした。
 トップバッターの子がリムを動かしてコーンを回ってきた。すぐに私の番はきてしまった。
 私は勢いよく走り出した。すると、自分でも感じる変化に気付いた。練習の時は何回も失敗していた自分が、真っ直ぐ、速く走れる!とてもうれしく、笑顔で走った。コーンを回ってひたすら走り続ける。
「集中、集中!」
 と、頭に叩き込むように繰り返した。私はひたすら走り続ける。
「カラララーン。」
 と、ゴール寸前で勢いよくリムが転がってしまった。でも、すぐにリムを取って走る。ゴールして次の子にバトンタッチした。すぐに列の後ろに並んで、後ろの子たちを応援した。
「がんばれー!」 
 運動場に私の声とみんなの必死になった声が響いた。



 夏前に書いてもらった運動会の作文です。
 競技前の緊張から始まり、どんどん競技に集中していく主人公の様子がまっすぐ伝わってきます。読んでいて主人公のすぐ近くで見ているような気分になりました。
 自分の番になって走り出した時、練習中にはなかった感覚を覚え、主人公が喜びを感じながら走る場面は実際に経験したからこそ書ける内容で、こういう瞬間を見つけて書くことができたことに感心しました。また最後も『楽しかった』や『うまくできてよかった』などで終わらず、その場の情景を書くことで余韻を残しつつ、子ども達が真剣に競技に向かっている様子を描くことができました。

塾長

posted by 塾長 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2016年09月07日

卒業生の小説サイトをご紹介!

書くのが大好きな生徒さんは、卒業しても書き続けています。それは僕にとっても本当に嬉しいことです。
今日はそんな卒業生のひとり、ナツクラさんの作品が読めるサイトをご案内します。
日本語の響きにこだわりを持つ彼女の作品は、読み込むほどに沁みてきます。
なんか読む本ないかなぁ、などという時には是非!

書庫の万華鏡

塾長

posted by 塾長 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夏が終わる瞬間。

HARUNO(中3)

 テニスコートに上がると、蝉が一匹ひっくり返っているのが見えた。
「うわっ!うえぇぇぇ……。」
 目の前にいるのに気が付かなかった友人が、飛び上がった。私も蝉が苦手だ。あのミーンミーンという大音量で永遠と続く鳴き声を聞いていると、なぜか無性にイライラする。
 
 部活が始まった。私はこの夏、更にテニスが好きになった。今は何をするよりもボールを打っている時間が楽しいし、好きだ。上手く打てなくて焦って、モヤモヤしている自分が嫌いになることもあるけれど、それ以上に上手くプレイできた時の喜びが大きい。沢山の失敗があるからこそ、たまにある成功が嬉しい。

 部活をしばらくやっていると、ゴロゴロと雷の音が聞こえてきた。でも先輩達は部活を中断しなかった。私達はボールを打ち続けた。空は厚い入道雲に覆われていて曇っている。  
この頃、急に天気が変わることが多い。晴天でジリジリとした暑さが長く続くことが少なくなった。
 合宿暑かったなぁ……。四日間暑くて、疲れたけど、本当に楽しかった。テニスが思う存分楽しめた頃を思い出すと、もう一回行きたくなる。中学最後の合宿が終わり、もう「先輩!先輩!」と言う回数が減るのだと思うと本当に悲しくなる。

 いつの間にか、雷は鳴り終わり、少し太陽が顔を出した。気付けば夏休み最後の部活だし、宿題は終わっていない。もう、登校日までは宿題しか待っていないと思うと、辛くなる。

 部活の反省が始まった。反省の途中、校舎に何回も当たりながらも強く鳴いている蝉を一匹見つけた。ずっと見つめていると、もう死んじゃうのかな…と思って悲しくなった。少しすると、その蝉の声が聞こえなくなった。その途端、私の夏も終わった気がした。



 夏休みの最後の部活動の日、筆者はこの夏を振り返ります。ひと夏を超え、テニスの楽しさや部活の時間の大切さに改めて気づき、過ぎていく夏を惜しむうちに、これまでは苦手としか思わなかった蝉の死に対する感じ方にも変化が見られるようです。命の儚さを感じ、移ろいゆく時の流れに心が動くようになるのも大人への成長なのでしょう。夏が終わると感じた瞬間を捉えた最後の段落、見事でした。

塾長

posted by 塾長 at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2016年09月02日

最新の文集を公開しました!

作文クラスの文集をオンラインでも閲覧できるようにしました!
お子様の入塾を検討されている方、
お子様がいるいないに関わらず、今時の小中高生の作文にご興味のある方、
卒業生の皆さん、
その他、多くの方にお読みいただければ幸いです。

今回は作品および解説の全てをお読みいただけます。
当塾精鋭達の作品を是非、お楽しみくださいませ!

塾長

posted by 塾長 at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。