2015年12月23日

サンタさんへ

RIO(小5)

 戦争している国の子どもたちや色々な国の貧しい子どもたちのために、飛行機の券と水とお金と家をあげてください。
 戦争している国の子どもたちが、ちがう国に行ってのびのびと暮らせるように。また色々な国の貧しい子どもたちが、家で楽しく過ごして学校にも行けるように。そして、できるだけ多くの人たちを幸せにしてください。
 サンタさんも体をこわさないようにしてください。これからも、色々な国の子どもたちにプレゼントを届けてください。



大人の過ちを、まだ子どもであるRIOさんが止めたいと感じていることにドキッとしました。サンタさんに頼るまでもなく、まず大人が戦争をやめなくてはならないのに。結局、いつも一番の被害者は子どもたちなのですね。
RIOさんのストレートで絶対的に正しい発想に感動します。誰かさんや自分の都合、利害関係やらに縛られて、大人になると言うのが難しいことをズバッと言ってくれる子どもは天才です。RIOさんの優しくて真っ直ぐな気持ちが、サンタさんだけでなく、世界の大人に届きますように。

塾長

posted by 塾長 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170474883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。