2016年07月16日

七夕とアイス

KOHAKU(中1)

 ドアを開けると暑かった。
「もう七夕だぁー!」
 一年に一回しか会えないなんて、すごく悲しい。今年は久々に晴れていて、とても暑かった。織姫と彦星は嬉しいと思う。
 ローソンに入った。少しびっくりした。先生がガリガリ君を買ってくれた。今日二回目のアイスだ。今日は幸せだ。
「ガリガリ君が当たりますように。」
 心の中で願っていた。でも当たらなかった。当たっていたら、三回もアイスが食べられたのに。
 途中、お店の前に短冊がかかげてあった。見てみると、好きな人に会えますようになど、色んな色の紙で書いてあった。天の川では二人が会えているいいな。
 日本の東京が今日も平和でよかった。緑道ではおばさんが逹がおしゃべりしていた。一人で空を眺めているおじさんもいた。こんなゆっくりできるなんて、やっぱり東京は平和だな。



七夕の夜にガリガリ君が当たることを願っている無邪気さが、今の東京の平和を表しているようで、ほっこりします。緑道のおばさんのおしゃべりも、空を見上げるおじさんも、同様に平和を見事に表現していると思います。素直で明るい文章の中に、的確な観察眼を感じました。毎年このような七夕が送れるとよいですね。こんなご時世なので、余計に心に響く作文でした。

塾長

posted by 塾長 at 15:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
彼女の無垢な心が全面に出た、内容だった。
忙殺されそうな生活の中に、この心の余裕はなんだろう。どうやったら生まれるのかな?
大人なのに、心の平穏さで負けてるなぁと感じた。
ちょっと前まで、外国人が書く文特有の、てにをは間違いが多かったのに、上達したのもperfectでした。
Posted by PANDAの母 at 2016年07月16日 16:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176102841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。