2018年01月28日

検定くやしい

SUMIRE(小4)

 私は12月27日〜30日まで、新潟のスキーキャンプに行っていた。三泊四日なのだが、その中で一番楽しかったのは、三日目だ。三日目は、スキー検定。いやだなぁと一日目も二日目も思っていたけど。
 今回私が受けるのは、一般の2級だ。一般の2級は、パラレルで、大回り・小回り、そしてシュテムターンだ。
 私は検定の時、ずっときんちょうしすぎていたのと寒さでふるえていた。他の人の検定を見ていたら、次は私の番だった。
 まずは大回り、次にシュテムターン、そして最後に小回りをやったが、全然自分の本気を出せないで終わった。いちおう検定は終わったけれど、問題は受かっているか受かっていないかだ。
 そして検定の発表の時、私は紙を見て、受かっていないことが分かった。大回り、小回り、シュテムターン全部1点ずつ足りなかった。私はショボンとしたが、その後おみやげの時間で自分が気にいったキーホルダーを見つけて買ったので元気になった。
 でも、受からなかったのはくやしかったので次のスキーで絶対に受かりたいと思った。私は遠くを見て受かった時を想像した。




 昨年の出来事で最も印象に残っていることを書くという課題に対して書いてくれた作文です。

 検定直前の「ずっときんちょうしすぎていたのと寒さでふるえていた。」という一文は、この時のSUMIREさんの気持ちをとてもよく伝えてくれる表現で、表現力がついてきたなぁと感じました。
 また最後の一文、SUMIREさんの目に映っていたのは雪山でしょうか?遠くを見ながら決意を新たにしている少女の凛とした姿が浮かびました。
 まだ四年生ですが、文章がしっかりしてきましたね。成長を感じます。

塾長


posted by 塾長 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182261488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。