2018年03月08日

時間について

otemachi1.jpg
photo by kazuhiro ueda

時間ってなんでしょう。
同じ場所に
同じ人
同じもの、が揃ったとしても、
例えば今と1年後では、色々なものが同じというわけにはいきません。

人間関係も、年齢も、部屋の壁のシミ一つとってみても以前とは違うでしょう。
時間の経過は多くのものを変えてしまうのです。

でも時間が全てマイナスに働くかと言えばそうではありません。
成長、浄化、痛みを忘れる、和解…
多くの場面で時間は僕らの味方です。

一方で時間の経過により、
全ての生命は滅び、僕らもまた死を迎えます。

また、
時間を止められたら、とか
時間を巻き戻せたら、とか
考えたことがある人は多いと思います。

時間について考え始めると、僕は宇宙の果てがどうなっているのか?について考えている時と同じくらい答えが見つからなくなります。
では子どもたちは、時間についてどんな考えを持っているのでしょう。

最近、UEDA塾のいくつかのクラスで時間について考えて書いてもらいました。
日頃は物語文形式で具体的な出来事について書くことが多いのですが、
年度末ということで、ちょっと力試しの意味も込めて
「あなたにとって時間とは?」というやや難題と思われる問いについて書いてもらったのです。
そのうちの幾つかを当ブログで紹介します。
実は一つ前の作文もそのうちの一つです。

初めにこの課題を発表した際には、子ども達は皆、無理!分からない!という顔をしていましたが、
しばらくするうちにそれぞれの答えを見つけたようで、思いの外、楽しそうに書いてくれていたのが印象的でした。
たまには難しい課題も良いものですね。

しばらく時間に関する子ども達の作文が続きます。お付き合いいただければ幸いです。

塾長

posted by 塾長 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182609712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。