2018年09月28日

秋のおとずれ

KOHAKU(中3)

 「ビュッ。」
 ドアを開けると、ムアッとした夏の暑さと共に、秋らしい涼しい風も少し吹いてきた。
 しばらく歩くと熊野神社についた。夏の初めにRIOと遊んだシーソーが寂しそうに置いてあった。草むら辺りからコオロギが
「リリリリリン。」
 と、静かに鳴いていた。セミと違って、美しい音色で秋のおとずれを教えていた。

 神社を出て道路に出ると、カーディガンを着た女の人が歩いていた。夏とは違って街を歩く人みんな、少しずつ厚着になっていた。私はまだ夏みたいな洋服。タンクトップに短パン。風が秋っぽくなってきただけで、体はそれで調度いい。
 マックでおやつを買ってもらった。いつも暑かったらアイスを買うが、めずらしくシャカチキを買ってもらった。温かくて、久しぶりに食べたからすごくおいしく感じた。先生が選んだポテトも、あったかいのが合っていた。  
 やっぱり秋になってきているみたいだ。私は少しばかりそう思った。九月に入ったらもっとコオロギの綺麗な音色も聞こえてきて、街行く人々の服装も長袖になってくるのかな。





8月の終わりに、秋の気配を探しに散歩に出た時の作文です。

「夏の初めにRIOと遊んだシーソーが寂しそうに置いてあった。」は季節の描写とは直接関係はありませんが、いなくなった友達を思い寂しく感じる気持ちと、日本人が感じる秋の少し寂しい雰囲気が上手く繋がって、季節感を浮き上がらせています。その雰囲気はそのままコオロギが鳴いている描写まで続き、前半部分は秋の気配を探すと言う課題にぴったりの、少し静けさがあり、しっとりとした美しい文章となりました。
 後半は対照的に少し元気な感じを出して、周囲に秋っぽさは見つけつつも、自分の中ではまだまだ夏も続いているよ、と言う正直な気持ちが感じられます。この辺りの描写は、季節感とともに主人公の明るく元気なキャラクターも読み取れて、文章の中にKOHAKUさんらしさを感じることができました。

 ちょうど季節が動き始める頃の、夏と秋が同居している街の様子を、上手に書き分けてくれました。

塾長



posted by 塾長 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184534388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。