2018年12月28日

ばあばのお家はどうなっている?

SACHI(小4)

 「あと、もう少しでつく?」
 ここは新幹線の中。私は、さっきからこのことばっかり聞いている。(今度こそ)と思っていると、ママが、
「あと十分でつきますっていうアナウンスがもうすぐ流れると思うよ。だから、もうすぐつくよ。」
 と言ったので、私は思わず
「わーーーい!」
 とさけんだ。それから、さけんだ数秒後にあわてて口をおさえたけど後の祭りだった。その後ママに、ちょっぴり怒られてしまった。
 しばらくして、駅に着いた。外に出た瞬間、私は
「あっつーーー。」
 とさけんだ。そうしたらママが
「名古屋は暑いからねー。」
 と言う。私が、
「でも、おふろ楽しみー。どんなのかな?」
 と言うとママが、
「ばあば探さなきゃ、ばあば。」
 と言ったので、私は、ばあばを探すことにする。
 ようやくばあばが見つかってママと別れる時間になったけど、私は、
「バイバイ。」
 と言っただけで終わったので、ばあばが、
「そっけな。」
 と言った。私とママは思わず、ぷっとふきだしてしまった。

 それから、ばあばといっしょに、二回名古屋電鉄に乗って、有松駅で、じいじと待ち合わせをして、ばあばのお家に向かう。
 私は、(着いたら、手を洗うついでにおふろどうなってるか見〜よう。…やっぱりや〜めた。後でのお楽しみにしとこう。)なんてことを考えながら、お家に向かう。

 「着いたーー。」
 と私はさけんだ。そして、ばあばに
「早くかぎ開けて。早く、早く、早く。」
 と言ったら、ばあばに
「なんでそんなに急いでるの?そんなに急ぐなら、自分でかぎ開けて。ばあばは、荷物出すから。」
 と言われた。私は、ばあばに渡されたかぎを強くにぎりしめて、階段を一気にかけ上って、
「カチャッ…カチャッ。」
 という音を立てて、かぎを開けた。ドアを開けると、なつかしいあま〜い香りがただよってくる。私は、大きく息を吸って、だあれもいないリビングに向かって思いっきり
「ただいまーーー。」
 とさけんだ。そして上着をぬぎすてて、ソファに向かって飛び込んだ。
「ぽよーん。」
 という音と私の
「きもちーーーい。」
 という声が混ざった音がする。前より、やわらかくなったなあと思いながら、ソファを見ていた。後から教えてもらったことだけど、おふろ以外にも、コンロや、ソファも新しくしたらしい。そのことに、私は気づいていなかったから、びっくりした。





 夏休み明けに書いてもらったものですが、素敵な作品なので、遅くはなりましたが、今年のうちに紹介します。

まずお母さんと主人公の会話のテンポの良さが印象的でした。時には「でも、おふろ楽しみー。どんなのかな?」と聞く主人公に対してお母さんは「ばあば探さなきゃ、ばあば。」と返しているように、二人の会話がすれ違っているようにも見えます。でも逆に実際のやり取りの空気が良く伝わって来て、上手いなぁと思いました。また、お母さんとの別れの場面でのそっけなさには、読んでいる僕もいっしょに、プッと吹き出してしまいました。
後半では、主人公の生き生きとした様子が作文の魅力になっています。特に、誰もいないリビングに向かって「ただいまーーー。」とさけぶ場面は僕のお気にりの場面です。この時、おばあちゃんの家の香りを、懐かしい「甘い」香りと表現しているのにも感心しました。おばあちゃんの家に対する主人公の気持ちまでが伝わってくる素敵な表現ですね。
全編通じて、主人公の魅力が会話や動きを通して感じられる作品でした。これで四年生とは。末恐ろしいです。

塾長





posted by 塾長 at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185278362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。