2019年03月29日

自分を好きになるために

KOTA(中3)

 卒業をした。二日前の事なのに喪失感が抜けない。私は学校が好きだったのだと気付く。
 でも、もう遅い事を、二日前には一輪も咲いていなかった桜が視覚を通して私にしっかりと教えてくる。
 満開には程遠いが、それでも少しずつ枝に付いた花は私の心の甘さを許そうとしない。強制的に心の奥に景色を焼き付け、さらに卒業した時の景色まで目の前に持って来る。
 一度目をそらす。しかし視線がまた桜に吸い寄せられてしまう。がっちりとした根元や幹は「逃げるな」と、また「お前はこれからどうするんだ」と言ってきた。
 私は理解する。桜の木は私だ。桜の声は私の心の声で、何も考えようとせず、何も動こうとしない私を、桜を通して自問自答させているだけなのだ。
 「桜の木のようになりたい」と私は言う。自分の心がその答えを求めていたのかは分からない。でも桜の声や卒業の時の景色はおさまった。
 私は歩く。卒業を養分として、満開が美しく、そして人々の目を奪えるような、とても濃い色の付いた桜の木になれるように。心に嘘をつかなくて済むように、自分が自分を好きでいられるように、私は桜のようになるために生きて行く。






中学卒業という一生に一度の出来事が、桜とともに、KOTA君の中の痛々しいくらいに純粋な感情をむき出しにさせているように思いました。だからと言って、ここに書かれている彼の覚悟は、決して卒業後という特別なひとときの思いつきではなく、この三年間を振り返る中で、自然に湧き出てきた素直な願いのようなものに見えます。自分の弱さを認めた上で、学校を好きだと確信できている事、また、自分の今後に希望を持って前に進んで行こうとしている事が読めたことを、嬉しく思います。時間をかけて、ゆっくりと、強さとしなやかさを併せ持つ樹になってほしいと思いました。

塾長



posted by 塾長 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185783204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。