2019年04月29日

もしも絵が上手だったら

NOA(高1)

 ゴールデンウィークが始まった。時間を無駄にしないために、早起きをすることにした。
「ピピピ、ピピピ。」
 目覚ましと共にパッと起きる。見慣れない物体が目に入る。黒い液晶タブレットが置いてあった。テーブルを埋め尽くすほどの大きさだ。起動してみる。すると、ラフ画が表示された。まだ七ヶ月しかイラストを練習していない自分のものとは思えなかった。
 しかし、不思議とこのイラストには親密さを覚えた。席に着き、タブレット用のペンを手にする。ペンをタブレットに当てた瞬間、無意識に体が動き始めた。イメージした通りに描ける。色付けも思い通りにできた。
 絵描きに没頭していると、親が起きた。そして母が自分の部屋に入り、イラストを見る。
「相変わらず凄いわね。これからも頑張ってね。」
「うん。」
 それだけ言い残し、母は上の階に上がった。と思ったら、一旦止まり僕に一言残した。
「ご飯もちゃんと食べなさい。」
 再び階段を上がる音が耳に残った。ぼくは何も言わずにまた、手を動かし始めた。




 実はこれは全てNOA君の妄想です。ゴールデンウィーク中に実現したい場面を妄想して自由に作文にしてくださいという課題に対して書かれた作文なのです。

 まるで実際に体験してきたのかと思うほど、自然に書かれています。これだけ実現イメージができていれば、NOA君の実現したい場面は、もはや妄想ではなくなり始めているのではないでしょうか。おそらく、これに近い生活リズムでこの連休を過ごしているでしょうし、近い将来、彼は実際に同じような体験をすることになると思います。
 今回の課題は、楽しみながら成功イメージを描くトレーニングをしてもらうつもりで出したものでしたので、この作文を見て、とても嬉しく思いました。彼は目標を見つけたことで、今ではゲームをする時間すらもったいないと感じるそうです。なんとも頼もしい男子になってきました。
 加えて僕が素敵だなと感じたのは、お母さんとのやりとりです。これもまた日々の中で実際にこういう会話が行われているのではないかと思うほどの自然な内容です。特に「ご飯もちゃんと食べなさい。」の一言には、自分自身が親である僕としては、言うよなぁ、こういうこと!と納得です。そしてそのセリフが出る親子関係そのものが素敵だなぁと思いました。きっとここに書かれている出来事は妄想でも、そこにある親子関係はすでに存在するのでしょう。
 目標に向かう主人公を応援したくなる作文でした。

塾長





posted by 塾長 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185929601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。