2013年03月21日

「東日本大震災、今何しているの?」

NOKIA(小3)

 被災地のみなさん、2年前のくらしと変わって、少しおちつきましたか。
 ぼくは中根小学校に通っていて、学校でユニセフ募金の中に500円入れました。みなさんには、お金はとどいていますか。ぼくは去年も今年も、募金をしています。

 今は、他の人はそんなに心配していないと思いますが、ぼくは心配しています。それは津波が来て、多く人がなくなられたからです。すごくこわくて、3月11日の夜は、ねむれませんでした。あの日のことを、学校のクラスのみんなにも他の人にも、忘れないでいてもらえるようにぼくもできるだけの事をしようと思っています。

 次の学校の募金にも絶対に入れたいと思っています。いつか、建物が完成して、平和な町になって下さいね。ぼくはおうえんしています。




あの日、東京は震度5強でした。東北に比べれば小さい震度です。それでも、テレビの画面を通して伝わってくる被災地でのすさまじい光景と合わさって、東京の子ども達もかなりの恐怖を感じたのだと思います。そのことがNOKIA君の「ねむれませんでした」の一言で良く伝わってきます。そして最後に書いてくれた平和という言葉が重いですね。

by 塾長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63923734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。