2014年02月22日

「空は笑顔にあふれている」

MIREI(小6)

 スコップで雪をかけば、雪が自分に当たり冷たいし、手もかじかんでくる寒い日。「雪の中でごくろうさまです。」といってもあまり伝わらないかもしれません。また、窓を開けると真っ白な世界が広がっているが、よく考えると恐ろしい…。
 でも、安心して下さい。空を見ればほら、どこかで繋がっているような気はしませんか。
 昔は、人と人とが助け合ってきましたが、今はどうでしょう。困っていたって助けず、見ているだけと言う人が多くなってきました。「助け合う」ということは日本人でも外国の方でも誰でも出来ることです。困っている人がいたなら、是非、声をかけたり助けたりしてください。
posted by 塾長 at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大雪被害によせて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88093976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。