2015年05月07日

「三月に思う」

JYOTARO(中2)

 ピアノとバイオリンのデュエットが流れている空間で書く作文。正直、曲だけを聞いていたいが、そうも言っていられない。

 音楽に耳を傾けると、悲しげなビブラートの中にどこか温かみと、光を感じる。それは、まるで三日月が、これから満ち始めるようなかんじだった。

 さらに楽譜的に言うと、後ろで流れるピアノは、ただずっと無情に流れていく時のようだった。あれから四年の震災の復興を思わせた。

2015spring-1000018.jpg




この作文は3月11日前後に書いてもらったものです。通常とは違い、条件を色々と設定した中で書いてもらったものです。
条件は@タイトルを「三月に思う(想う)」にすること。A「再生」、「月の満ち欠け」、「循環」、の三つの言葉のうちどれか、あるいはそれに類する言葉を使うこと。Bその時教室に流していたクラシック音楽(グノーのアヴェマリア)のイメージを生かして書くこと。
日頃は音楽を聴きながら書くことなどありませんから、皆悩みながら書いていました。

JYOTARO君の作文は、短いながらも、音楽を実によく聴いた上で書かれた美しい文章です。バイオリンのビブラートにまで言及した生徒は他にいませんでした。旋律だけでなく音の揺れからも多くのものを感じ取っていることには少々驚きました。特に「ビブラートから光を感じる」というのは、彼自身楽器を演奏していることもありますが、彼の持っている感受性の豊かさから来るものでしょう。
JYOTARO君の作文を読んで感受性の大切さと、子ども時代に勉強すべきものについて考えさせられました。

追伸:「3月に思う」で書かせておきながら、ご紹介が5月になってしまいました。ごめんなさい!

塾長

posted by 塾長 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2015年04月16日

「桜と春」

CHIKARA(中3)

 自由が丘はたくさんの桜で彩られていた。その桜は雲のようにふわふわと咲き誇っていた。 

 桜は四季によって色や形が変わる。夏は緑色の葉が木を覆う。秋はその葉が茶色やオレンジ色となって美しくなる。冬はそんな美しい葉が落ち、さみしく木の幹や枝だけが残る。そして春は、つぼみがだんだんとふくらみ、暖かくなると一気に開花し、木は薄ピンクの小さな花に覆われる。桜はこの一年を繰り返す。

 きっと四季の中で桜が目立つのは「春」だろう。桜のイメージといえば、卒業式や入学式、花見などだ。どれも春に行われる。桜は花が咲いている春だけ、目立っている。

20150327jiyugaoka-1000070.jpg



 書き出しの「桜は雲のようにふわふわと…」という表現がとても好きです。桜の花が房のように集まり、さらにはもっと大きな柔らかなかたまりとなって咲いている様子をよく表せていると思います。
 また、四季を通して桜が生き続けていること、それでも注目されるのは春ばかりであることに触れるなど、CHIKARA君は目の前にある桜を見ながら、もっと長い時間軸で桜を捉えようとしています。そこには1年かけてコツコツと花を育て、一時だけ美しく咲く桜の儚さを感じました。
 今回は作文の書き方だけでなく、CHIKARA君が「ものの捉え方」においても成長していることがうかがえる作文でした。

塾長

posted by 塾長 at 16:47 | Comment(0) | 作文紹介

2015年04月07日

「夜桜」

KOTARO(中2)

 少し寒い夜。ひんやりとした風が少し吹いている中、花見に出かけた。

 桜はまだ満開になっていなかった。ベンチに座りながら、街灯と三日月にライトアップされている桜を、ながめた。

 暗い夜の中にある桜は、昼よりも大きく感じた。その間から見える月はとても小さく、そして、とてもやさしいものに見えた。白く弱く光る花びらと月はとても良い相性で、昼とは全く違うものに見えた。


20150327jiyugaoka_cherryblossom2-1000131.jpg



短い中にも丁寧な描写が多く見られ、中学生の男の子としては、とても繊細な部分を感じました。今回に限っては持ち前のユーモアを抑え、美しいものを正面から捉えた作文に、今後の可能性が広がったように思いました。これまでのKOTARO君とは違う面が出てきたようで嬉しく思いました。

塾長
posted by 塾長 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

「まだ満開じゃないけど」

RIO(小5)

 公園の近くの桜を見ながらドーナッツを食べました。 

 桜は、まだつぼみのが多くて、色は、みどりやうすピンクでした。開いている桜の花は、やわらかそうな感じで、つぼみは玉子みたいだけど、先のところがとんがっていました。ちょうど光が桜にあたって、きれいでした。でも、もっと桜が咲いているといいなと思いました。

 桜をじっと見ていると、寒くなりました。

 少し移動して、次の桜を見ていると1本の細い枝に二十こぐらいのつぼみがありました。

 帰り道にきれいなこいピンクの桜があって、さっき見ていた桜とは、色がぜんぜんちがいました。

 今度は、満開の桜を見てみたいと思いました。


20150327jiyugaoka_cherryblossom-1000049.jpg


この作文の頃は3月末で、桜はまだ5分咲きといったところでした。塾では毎年春になると花見をします。当然テーマは桜です。このクラスでは特に色や形について、絵を描くつもりでよく見た上で、作文を書くようお願いしました。
この作文ではピンクでも薄い色や濃い色があること、また光が当たった部分が特にきれいだったことなど、注意深く桜を見てくれていることが伝わってきます。「つぼみは玉子みたいだけど、先のところがとんがっていました。」など、RIOさん自身の言葉を使った表現の工夫も見られて、成長が感じられる作文でした。

塾長


posted by 塾長 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2015年02月26日

「父と子」

KAO(小6)

「ピロロロン♫」
 店内にはずらりと商品がきれいに立ち並んでいた。
「いらっしゃいませ〜。」
 そこには、父親とむすめのような店員さんがこっちを向いて微笑んでいた。
「父親とむすめみたいだね。」
 私はMISATOちゃんと話していた。すると、
「ピロロロン♫」
 新しいお客さんが入ってきた。
「いらっしゃいませ〜。」
 父親とむすめのような店員さんは見事にシンクロして同時に言った。
「すごっ!」
 私は思わず口にしてしまった。
 
 そんな事をしていると、
「どのお菓子にする?」
 先生がみんなを呼び止めた。
「どれにする?HARUNOちゃんはどのお菓子がいい?」
 HARUNOちゃんは困った顔をして答えた。
「何でもいいです。」
 みんなは、
「しょっぱい系か甘い系、どれがいい?チョコ系かグミ系はどっちがいい?」
 必死に聞いていた。そうしたらHARUNOちゃんは、
「グミでグレープ系」
 と言っていた。だからグレープ味のグミにした。

 先生はそれを持ちレジに向かった。するとあの店員さんが待っていた。やはり近くで見ても父と子に見える。やはりあの人たちは父親と娘だったのかもしれない。



この日のテーマはコンビニの店員さんを観察して作文に書くことでした。ほんの5分ほどの滞在時間、しかもこれといった大きな出来事が無い中で作文を書くのは難しいものです。作文を始めたばかりのころであれば「書くことがない〜!」などと言いたくなるテーマです。それでもKAOさんは『店員さんは親子ではないか?』という疑問を持ち、見かけだけでなく動作がシンクロするところまで見つけ、とても自然に作文に仕上げてくれました。途中、体験授業で初参加だったHARUNOさんにスポットを当てるあたりにも書くことに対する余裕が感じられます。日常を書いたちょっとした作文の中にも成長が感じられました。

塾長
posted by 塾長 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2015年02月21日

「月を見たら」

HAYUKO(小5)

 私たちは、公園に行った。みんなは、鬼ごっこをしていたが、私、SAKURAKOちゃん、先生はベンチに座ってゆっくり月を見ていた。鬼ごっこをしているみんなの声が聞こえた。
「だれが鬼?」
 それと、
「きゃー。」
 という声も。

 月を見ていた私はもみじの木を見てふと思いついた。
(そうだ。もみじの葉を月にかざしてみたらどうなるだろう?)
 そう思った私は、さっそく実行してみた。すると、もみじの指のようになっている先っぽから月の光がさしこんで光の窓みたいできれいだった。ふともみじの葉を見ると赤と緑が重なり合って夕日みたいですごくきれいで心がやすらかになった。
 次は桜の葉を持ってきて、月の下にかざしてみたら、桜の葉の皿に乗っかっている光のだんごみたいでおいしそうだったが、三つあったらよかったのにと思った。その桜の葉を見ると、それは日の出の景色みたいですごくきれいだった。
「行くよ〜。」
 と先生が言った。私はあわてて追いかけた。

 最後にローソンに入って、肉まんの所にいったら、ピザまんが月みたいで少々ゾッとしたけどおいしそうだった。




 前半部分、少し離れたところで鬼ごっこをする友達の声を書き、月を見ている自分たちと他のみんなとの距離感をまず表現しています。そして自分たちと鬼ごっこのにぎやかさを対照的に書くことで、HAYUKOさんの周りに流れる静かで穏やかな空気や時間を読み手に印象づけることができました。
 中盤では、自ら思いついて紅葉や桜の葉に月を透かして見るという、アイディアと創造性にあふれる行動が見られます。僕が授業中によく散歩をするのは、子どもたちに書くネタを提供するためなのですが、ここでのHAYUKOさんは、自ら考え作文の題材を作るという、作文クラスの生徒の中でも珍しくて素晴らしい、僕としては本当に嬉しい行動をしてくれました。能動的な態度は結果、そのまま作文の成功へと繋がっています。
 後半部分、月と葉のきれいな描写のまま終わるのかと思えば、ピザまんの話を持ってきてオチをつけてしまうあたりもHAYUKOさんらしくて良いですね。僕としては中盤のムードのままきれいに終わることも勧めたのですが(笑)
今回はHAYUKOさんの嗜好や感受性が短い文章の中にも感じられる作文でした。

※ これは12月の初めに書いてもらった作文で、ついつい載せるのが遅くなってしまいましたが、やはりとても素敵な作文なので今回掲載しました。

塾長

posted by 塾長 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2015年01月29日

「時間、止まれ」

KOTA(小5)

 十二月二十五日の朝、ぼくはいつも通りに起きた。理由は、もっと前にプレゼントが、届いていたからだ。ただひとついつもとちがうのは、今日、ぼくの一番の親友が千葉へひっこしてしまうことだ。
 いつもと変わらない準備をして、ふつうに学校へ行き、ふつうに授業を受け、ついにお別れの会の時間になった。
 お別れ会は、リレー、おにごっこ、ドロケイなど遊びをしたり、特別に理科の先生に軽いマジックを教えてもらったり、みんなで歌を歌ったりした。ぼくは、泣きそうになるほどさびしかったし、悲しかったが、それは、たぶんみなも同じなんだろう。他の友達のスピーチを聞いていて、そこでも泣きそうだったがぐっとこらえて、スピーチの続きを聞いた。他の友達がスピーチの中で「君のことはクラスみんな忘れないよ。」と言ったので、また泣きそうになった。
 ぼくはその時何度も時間止まれと願ったが、ものすごく意地悪な時間は、止まってくれなかった。止まってくれないのは、わかりきっていたがそれでも何回も時間止まれと願い続けた。
 願い続けたのに止まってくれなかった時間に、腹が立ったが、悲しみでそんな感情もすぐにかき消された。ぼくはこの時、初めて本当の悲しみを知った。その悲しさははんぱじゃなかった。
 お別れの会の最後にアーチを作る。アーチは教室から教室の出口までみなで作った。友達がアーチをくぐる。自分の近くに来た時、その友達との三つの思い出がよみがえった。
 一つ目はお互いの誕生日会に行ったこと。二つ目は公園でとりかごなどをして遊んだこと。三つ目は、けんかしては、仲直りを繰り返した思い出だ。
 友達がアーチをくぐり終わった。
 学校が終わり、共通の友達が二人加わり、帰り道四人で帰った。何か話そうと思ったが、何もネタが無かった。他の友達も同じようにネタが無いようだ。
 一人の友達がいきなり、プレゼントを出して、
「千葉でもがんばれ、はいプレゼント。」
 と言ったので、ぼくもプレゼントを出し、
「千葉でも、がんばれ。」
 と言いプレゼントを渡した。
 こうして、ぼくの一番の友達は千葉県へ行ってしまった。
 約一カ月たったある日、その友達が約一カ月後に遊びに来ると言う電話が入ったので、すごくうれしくなった。ぼくは今、他の友達十人といっしょに一番の友達を約一カ月待っている。一年の中で一番楽しみな日は、誕生日の三月八日から二月二十一日に変った。
「早く、遊びに来てほしいな。」
 と学校から帰る時にぼくは、つぶやいた。



 少年から大人へ、その過程で知る悲しみの意味や喪失感。それらが見事に描かれていました。まるで小学校高学年の少年達を主人公にした小説の最終章を読んでいるような切なさがこみ上げてきました。しかも最後には再会という希望の種をまいて終わるという憎い演出まで用意してくれるなんて。
 さて、今回の課題は「@いつも以上に気持ちを表現する。A内容は実際にあったこの冬の出来ごとから書く。」というものです。つまりこの見事にせつない少年達の物語は実話なのです。何年か経ってKOTA君が大人になった時にこの作品を読めば、自分がどれくらい純粋に友達の別れを悲しんでいたか思い出すことが出来るでしょう。そして友達や友情について悩む時、自分が信じるものや良いと思う感情を思い出すヒントになるでしょう。
 この作品を書いてくれたことだけでも、KOTA君がUEDA塾に来てくれた意味があったのではないかと思わされるほどの作品でした。二月に素敵な再会が果たせますように。

塾長

posted by 塾長 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2015年01月03日

「受験戦争に負けそうなそこの君へ」

AYATOMO(中3)

 School of lock(SOL)は、僕も聴いているTokyo FMの十代向けのラジオ番組です。いつもは、音楽のことだったり、聴いている人たちの相談にのったり、お笑い関係のこと、学校の部活のことで、ゲラゲラ笑いながら聴いていますが、十一月を過ぎると、番組の内容が受験一色になります。去年はゲストで「今でしょ」で人気になった塾講師林先生が来たり、今年も受験のためになることだったり、勇気づけられる言葉があったり、聴いていて無駄な時間はありません。一度聴いてみてはどうでしょうか?

 毎年、沢山の人が模試で「E判定」を取り、泣きながらラジオパーソナリティ(校長・教頭)と話します。でもその校長・教頭がお笑い芸人ということもあり、電話で話している人や全国で聴いている人たちを元気にします。またその電話の最後に「勇気の言葉」を校長・教頭が言って電話は終わります。そして、毎年沢山の人がこの間まで「E判定」だったのに、第一志望校に受かっています。

 今年の勇気の言葉はこれ……
『絶対合格』

 全国で今も自分自身と戦っている人がいます。そう、僕もその一人……。

 夜十時、これからもう少しがんばってみようと思っているそこの君!! 今日も聞こえてきますよ、ラジオの中から「絶対合格」。試験に緊張しているそこの君!! ラジオだけど、精神面も鍛えられます。

 僕も勇気の言葉を心に刻みました。くじけそうになったら叫んでみては……『絶対合格』。




2014年の年末、世界の誰かに宛てた手紙というテーマで書いてもらいました。

今の時代も受験生はラジオを聴くのですね。ちょっと懐かしく思いました。受験生はいつの時代も孤独です。なかなか結果が出ない中、不安や孤独と戦わなくてはなりません。そんな受験生の心に寄り添ってくれる夜のラジオ番組を聴いた受験生、聴いている受験生は多いはずです。この作文は、このようなラジオ番組を話題に持ってきたことで、今現在受験生の人にも、昔受験生だった人にも、共感しやすいものになったと思います。
さてAYATOMO君もまもなく受験本番。たまにはラジオを聴くのも良いでしょう。心身ともにコンディションを整えて、ベストな状態で受験に挑んでください!

塾長

posted by 塾長 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月28日

「世界各地のサンタさんへ」

TAKUYA(中1)

 お仕事お疲れ様でした。クリスマスは、サイフのひもが緩むでしょうから、いろいろと歳出が増えることと思います。
 
 サンタさんは無事上手くいきましたか?子どもの希望した物を届けましたか?子どもに隠れて準備するのはきっと大変なんでしょうね。

 私は11歳の時からプレゼントは来なくなりました。親の唯一の楽しみを奪ってしまったからです。母親に、
「サンタさんにお手紙書いたら?」
 と言われ、機嫌が悪かった私は
「サンタさんなんていないでしょ。」
 と言ってしまいました。今なら自分がいかにひどい言葉を発したかが分かります。きっと、親も準備してくれていたのでしょう。自分がいかに幼稚かが分かります。でも現役サンタさん、大丈夫です。他のクラスメイトは純真だったのでしょう。みんなサンタが来ていました。

 サンタクロースとは、プレゼントを通して子どもに夢を運ぶ仕事です。子どもはプレゼントを通して夢を受け取ります。これからも夢を届け続けて下さい。




年末を迎えるこの時期に世界の誰かに書く手紙、という課題で書いてもらいました。

大切さがようやく分かるようになったのに、それは既に失われてしまっていると気づく時、人は後悔や寂しさとともに、そこに強烈な愛おしさをも感じるものではないでしょうか。普通そういう感覚は、大人になってから青春時代や子ども時代を振り返って感じるものだと思っていました。しかしTAKUYA君の場合は既にそういう感覚を持ち合わせているようです。彼の大人びた部分がストレートに出た作文となりました。僕にも高校生の息子がいます。ですから元サンタクロースの一人としてこの作文を読みました。するとそこには少年の成長過程の痛みようなものが感じられ、もがきながら大人になっていく成長の様子が読みとれます。このようにして人は何かに気づき、ひとつずつ優しさを身につけていくのかもしれないと思いました。
さて、いつか自分がサンタさんになる時、今度は親としてどんなことを感じるのか、タイムマシーンがあれば未来のTAKUYA君にちょっと聞いてみたくなりました。

塾長


posted by 塾長 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月25日

「クリスマスプレゼントでたのんでいる物ではない物を送ってくるサンタさんへ」

HARUさん(中1)

今まで私には、何度かクリスマスにたのんだものと違うものが届くということがありました。

 私はこういうことがあると自分では、(たのんだものとは違うけど、まぁ物がもらえたからいっか。)と思っています。

でも、たまにたのんだものと全く的外れなものが届くことがあります。それはさすがにダメだと思います。だから今回こそは、もしたのまれたものが無かったとしても、少しは關係のあるものにしてください。




 クリスマスの季節を意識しつつ、この世界に住む誰かにメッセージを送ってください、という課題で自由に書いてもらいました。

読んでいて思わず苦笑いしているサンタさんも多いのではないでしょうか。多くの家庭で子どもが成長するにつれて
「今年はサンタさんに何を頼むの?」
「サンタさんにしか教えない!」
なんて会話が聞こえるようになります。そのくせ頼んだものと違うと親やおじいちゃん、おばあちゃんの元に苦情が来たりするのですから困りものです。
HARUさんの文章はそんなクリスマス事情を思いださせる、ちょっときついユーモアなのか、本音なのか、ギリギリの線で書かれていて分らないところが面白かったです。いずれにしても僕が掲載するのが1日遅れたので、今年の結果はもう出てしまっていますね(笑)次回HARUさんに会ったら、今年の結果を聞いてみたいと思います。

塾長

posted by 塾長 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

「豪華な服を着て『自分は金持ちだ』と見せびらかし、優雅な生活をしている人たちへ」

CHIKARA(中2)

 先日、「芸能人の私服公開」というコーナーがあるテレビ番組を観た。その中で一番高い服を着て高らかに笑っている人がいた。その人は十一億円のものを身に付けていた。

 世界にはいろいろな人が住んでいる。一部には貧しい生活をしている人々がいる。僕は、そこは食べ物もなく、水も汚い最低な場所であるということを知っている。優雅な生活をしている人は、貧しい生活をしている人の状況を知っているのだろうか。

 人は金が欲しいから働く。一生懸命働く人は金持ちになる。金に余裕がある人は高いものを買う。そんな人は貧しい人の生活を知っているのだろうか。ちなみにあなたはどうだろうか。

 クリスマスには人にプレゼントをあげる。これを機に、自分に自分のものを買うのではなく、人のために何かするのはどうだろうか。一度皆さんも考えてみるといいかもしれない。




クリスマスの季節を意識しつつ、この世界に住む誰かにメッセージを送ってください、という課題で自由に書いてもらいました。

CHIKARA君の中で育ち始めている正義感や大人社会への憤りなどが溢れ出している文章に驚き、同時に成長を感じました。
富のために働くことを僕は誤りだとは思いません。でも富を得た途端にその使い方を誤る人が多いのではないでしょうか。CHIKARA君が今感じている憤りは、その誤った使い方に対するものだと思います。いつかCHIKARA君が大人になった時、何かに一生懸命打ち込みながら、今の感覚を忘れずにいてくれたら、きっと素敵な大人になって良い社会を作ってくれる人になれるでしょう。期待してます!

塾長
posted by 塾長 at 16:34 | Comment(0) | 作文紹介

2014年12月24日

「世界の権力者の方々へ」


SAYA(中2)

 世界には色々な問題が起きています。地球の温暖化や森林破壊、二酸化炭素の問題など。私はその中で貧困問題について考えました。

 12月25日は家族で集まって美味しいごちそうを楽しむ日なのに、ごちそうを食べられない人がいると思うと胸が痛みます。世界ではみんなが笑顔になる日なのに、笑顔になれない人もいます。

 私は権力者の方々が戦いを止めて、国同士が手を組み、貧困国や食に困っている人々に食料を分けてあげれば良いと考えました。そうすると、食料をもらった国の人々が笑顔になり、クリスマスの間だけでも幸せになることができます。

 こうして幸せの連鎖が続き、戦争なんて止めようなんてなったらとても素敵だとは思いませんか?



 クリスマスの季節を意識しつつ、この世界に住む誰かにメッセージを送ってください、という課題で自由に書いてもらいました。

「幸せの連鎖」。素敵な言葉ですね。皆が笑顔になり、幸せの連鎖が続けば、戦争をやる意味するなくなってしまうでしょう。SAYAさんの言う通りだと思います。
大人が子どもの頃を思い出すにはクリスマスは最高の時です。なんとか世界中のリーダーの方々が、子どもの頃のように自由な発想で、争いをやめる方向に舵を切ってはもらえないものでしょうか。もしそれが出来れば、それこそが次世代への最高のクリスマスプレゼントになるはずです。

塾長

posted by 塾長 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月22日

「クリスマスを楽しみにしていないサラリーマンの方々へ」

SHINOMI(小6)

 今まだ会社で残業をしているサラリーマンの方。クリスマスなのに家でゴロゴロしている方。クリスマスなんていらないと思っている方。クリスマスに良い思い出がない方々。そんな人が世界にはたくさんいると思います。

 でも近くの女の人などを誘って、少しでも、
「飲みに行こう。」
 と言ってみてください。もし一人でいても、
「クリスマスに乾杯!」
 と言ってみてください。そうしたら、少しだけでも暗かった気持ちが明るくなるかもしれません。暗かった自分、一人だった自分が小さなきっかけで明るくなれる時期、それがクリスマスだと思います。




クリスマスの季節を意識しつつ、この世界に住む誰かにメッセージを送ってください、という課題で自由に書いてもらいました。

この作文を読んで、正直ちょっと反省しつつ、ちょっと感動してしましました。
今の日本においては、信仰する宗教にほとんど関係なく、クリスマスは誰もが楽しめるものです。僕の場合も、特に予定がないのになんとなくワクワクしたり、そわそわしたりしていたものです。それなのに、年齢を重ね、プレゼントをもらう側から贈る側にかわり、気づけばいつしかそれほどクリスマスを楽しみにしていない自分がいました。でも、反省、反省。日頃のわずらわしさを忘れて、楽しい気持ちになれる日がせっかくあるのですから、我々大人も楽しい気分になった方が良いのですね。今年はちょっと楽しんでみます。
ところで、SHINOMIさんはいつの間にこんなしっかりとしたメッセージを大人相手に送ることができるように成長していたのでしょう。その成長にちょっと感動してしまいました。

塾長

posted by 塾長 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月20日

「もみじが輝いている」

SAKURAKO(小5)

「今日は10度くらいなのに散歩だー。」
 私がつぶやいた。今日のテーマは月にかんしての事ですと先生が言った。誰かさんが
「先生、公園行く?」
 と言った。
「だけど鬼ごっこはしないよ。」
 と先生が言った。
「なんで?」
 と言ったら、
「SAKUEAKOが入院するからしません。」
 と先生が言った。
「えー。」
 とみんなが言った。

 公園にみんなで行った。公園に向かう時にHAYUKOが
「SAKURAKOちゃん足大丈夫?ゆっくり歩いた方がいいよ。」
 と気にしてくれて、HAYUKOのやさしさに私は、温かい思いがした。

 公園についた。私とHAYUKOが二人でいっしょにベンチに座った。公園にはもみじがいっぱい見えた。HAYUKOが木からとってきたもみじを月にかざして見たら、あざやかでとても輝いているように見えた。私はとても気分が明るくなった。もみじの形は先からとがっていて、色は赤と茶色と緑が重なっていた。

 ゆっくり歩いている時、月が私たちの事をまるで追いかけているように見えてびっくりした。




この日は満月の直前で月がとても綺麗な日でしたので、月をテーマに書いてみました。

SAKURAKOさんは足を痛めており、文中にもあるとおり皆と走り回れなかったのですが、かえってゆっくりと月を眺めることができて、落ち着きのある優しい文章を書くことができたように思います。またテーマの月だけでなく、そこに友達とのやりとりや心の動きが加わったことが作文に深みを与えてくれています。歩いている時には月が追いかけてくるようだったという表現も、月をよく観察していたからこそ書けたもので感心しました。

塾長

posted by 塾長 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月12日

「別の世界」

MIYU(小5)

 十二月。それは冬で一番人がうかれる月。ライトアップされた店が立ちならぶにぎやかな通り。しかし、一本路地に入れば小さな電飾がほどこされたポールがぽつぽつとあるばかりでイルミネーションは少しもない。だからこそ、裏の自分を見ているようでこわい。そして自分の知らない自分が見えてくる。

 表通りの店の裏、弱々しく光る電飾、客が少なく暖かそうなコーヒーカフェ。カフェの中で本を読んでいる人、くつろいでいる人。まるでそこは今まで知らなかった別の世界。表通りのようにハデでないけれど、現在の自分と素直に向きあえる場所。
 それは実体が無くて一瞬で違う色に変ってしまう私の気持ちみたい。



 散歩中に目についた風景や出来ごとから自分の気持ちに合うものを選び出し、その風景と現在の自分の心境とを重ね合わせて書いてみよう、というなんとも難しい課題に挑みました。

 書いてくれたのは原稿用紙1枚弱の短い文章です。しかしそこから伝わってくるMIYUさんの感性の鋭さは、音読を聞いていてゾクッとするほどのものでした。
 MIYUさんはまず、多くの人が注目する華やかさではなく、その裏でそっと佇んでいるものに注目します。さらに表と裏というような世界の二面性に気づき、自分の心にも表と裏があると語ります。
 後半では、くるくる変わる自分の心模様を自覚し、それを表現しようとする試みが見られます。MIYUさんは、たまたま見つけた自分の内面の入口のようなカフェを見て、「現在の自分と向き合える場所」といいながらも、「実体がなくて一瞬で違う色に変ってしまう私の気持ちみたい」と考えます。まさにふわふわとした感受性の塊のような今のMIYUさんの心境を表しているように思いました。小5女子、なかなか手強いです。

塾長

posted by 塾長 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月07日

「ありがとうグローブとバット」

「ありがとうグローブとバット」
NOKIA(小5)

 ぼくが四年生の時に野球チームに入った。グローブは昔使っていたボロボロの物で、バットは野球チームから借りた。

 さっそく練習になった。「ノック」というものをやった。それは、飛んで来た球をとる練習だ。ぼくがとる番になった。大きなフライが飛んで来た。ぼくがグローブでとった時、グローブに穴があいた。ショックだった。昔から使っていたグローブが使えなくなったからだ。次はバッティングになった。バットを持ち、打席に入った。打ったときにバットが大きくへこんだ。その時ぼくは大切な物が二つ無くなったので泣きそうなぐらいだった。

 ぼくは、家に帰ってお父さんに頼んだ。
「お父さ〜ん。グローブとバットを買って欲しいんだ。ぼく、野球チームではじかかないようになりたいから、買って下さい。」
 と、頼んだらお父さんが買ってくれた。ぼくはこう思った。このグローブとバットで、キャプテンになる、と。このバットとグローブで、きびしい練習をした。そしていよいよぼくが初めて試合に出る日が来た。

 五回の表、ツーアウトランナー三塁。一点取らないと負けてしまう。そこで打席に入ったのはぼくだ。スリーボールツーストライクになった。その時ぼくは、生まれて初めてとんでもなく緊張した。ぼくの足がふるえた。ピッチャーは投げた。ぼくの好みの高さだった。バットにボールが当たった。ボールが速くて押されそうだった。でも打ち返した。ボールはライナーでショートの上をこえた。レフト前ヒットで同点に追いついた。五回裏、ツーアウトランナー三塁。ぼくの方向にフライが飛んで来たのでとった。ぼくは初めての試合で二回も活躍したことがうれしかった。

 このグローブとバットのおかげで活躍ができるようになった。この活躍した試合以外にもいろんな活躍をして、練習で内野の守備につくこともある。今では、ファーストにもなったし打撃も自信がついた。




この作文は『私のたいせつなもの』という課題に対して書かれたものです。

大切なチャンスで打席にたった時の描写は、NOKIA君の緊張感や打った時の感触など多くのことが伝わってくる、作文としてもとても良い場面となりました。「ボールが速くて押されそうだった。」などは実際にバットでボールを打ってみなくては書けない文であり、経験をきちんと文章にすることができています。一本のヒットや、一回のフライを捕ることを心から喜んでいることが感じられる文章から、日常とは一味違う、ひたむきに白球を追う野球少年の姿が目に浮かびました。一生懸命何かに打ち込む姿はいつも美しいし、愛おしいものですね。

塾長
posted by 塾長 at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

「勝利の石」

KEITA(小3)

 それは、一年前のことです。二子玉川にお父さんとお買い物に行ったとき、二子玉川の広場でしょうぎをやっている人がいました。そこに見に行くと、
「しょうぎやりますか?」
 と聞かれて、ぼくは、
「やります。」
 と答えました。

 そこでプロの六段の人と戦いました。六段はプロの人の中では、すごく強いです。ぼくは、その時、そんなに強くなかったので、六まい落ちで勝負しました。プロの人はちゃんとかこいをして防ぎょしていました。だが、ぼくが一間竜でちゃんと、せめていたら、プロの人がミスをしました。ぼくは、そこを見のがしませんでした。その一瞬のすきをついて、
「王手。」
 と言いました。でも、かわされてしまって、ぼくは、すごくくやしかったです。

 ぼくは、すぐ立ち直って、せめようとしたら、相手の飛車が、ぼくたちの仲間の歩をやぶって、竜になりました。その竜は、桂馬、香車をとって、あばれだしました。でもせめられているばっかりじゃいけないと思い、ぼくもせめました。王手をいっぱいしていたら、と金と、竜王ではじまでよせてせっちんづめで勝ちました。

 勝って、パパと帰ろうとすると、パパに
「ごほうびを買ってあげるけど、何がいい?」
 と聞かれました。そしてぼくが、
「きれいな石。」
 と答えました。それからパパは、ブラックライトを当てると光る石を買ってくれました。その石は、ぼくにとって一番大切な物です。なぜなら、それを見ると、勝った時を思い出すからです。

※一間竜…将棋の詰みの形
※せっちんづめ…将棋で、王将を盤の隅に追い込んで詰めること。



この作文は『私のたいせつなもの』という課題に対して書かれたものです。

自分が小学生であろうと、相手がプロであろうと、いったん将棋の対局が始まれば、常に真剣勝負で挑むKEITA君の勝負に対するこだわりが伝わってくる作文でした。また表現の面でも、「相手の飛車が、ぼくたちの仲間の歩をやぶって、竜になりました。その竜は、桂馬、香車をとって、あばれだしました。」というように将棋の駒を擬人化するなど工夫が見られました。現在小学3年生のKEITA君、将棋も作文もこれからが楽しみですね。

塾長
posted by 塾長 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

「特別なぬいぐるみ」

RIO(小4)

 わたしが幼稚園ぐらいの時の事です。どこかのお店でぬいぐるみをみつけました。そのぬいぐるみは白くてふわふわな犬のぬいぐるみです。わたしは両親におもわず
「あの犬のぬいぐるみ買って。」
 と言いました。そうしたら優しく
「いいよ。」
 と言ってくれました。

 わたしはそれからお話を作ってぬいぐるみごっこをするようになりました。お話はふしぎとすぐ出てきて、例えば学校に行って遊んだりするお話です。時には両親が遊んでくれたりします。まだこのころは友達がいなかったので、ぬいぐるみが友達みたいなものでした。

 ある日、わたしのお兄ちゃんのお友達に妹がいるのに気づいて遊ぶようになりました。ぬいぐるみごっこを初めはやっていたけど、そのうち工作をしたりするようになりました。その間ぬいぐるみはベッドの部屋におきっぱなしでした。

 しばらくして、ベッドの部屋をかたづけていたらぬいぐるみを見つけました。わたしはこのごろぬいぐるみごっこをしていなかったのを思い出しました。それからは、たまに遊んだりして、置くところはちゃんと整えてある場所に置いたりして、大事に使っています。それから新しいぬいぐるみも買ってもらって、より遊ぶようになりました。ぬいぐるみで遊ぶといやな事を全部わすれて気持ちよくなります。




この作文は『私のたいせつなもの』という課題に対して書かれたものです。

だれもが子どもの頃には、ぬいぐるみや人形で遊びます。ところが成長するにしたがって、だんだんそれで遊ばなくなっていきます。言いかえれば、ぬいぐるみや人形で遊ばなくなることは、人間としての成長を表してもいるわけです。ただその一方で、忘れられていくぬいぐるみや人形に思いを馳せれば、なんとも寂しげでもあります。そんな成長の途中の時間を切り取ったようなこの作文は、なんだか読んでいてとても切なくなります。RIOさんはいずれ、ぬいぐるみを全く必要としなくなる時が来るかもしれません。でも、そんな時でも、このぬいぐるみに触れれば、ご両親に優しくされたことや自分の子ども時代のことを思い出せるのでしょう。本当に大切なものだと思います。

塾長
posted by 塾長 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

2014年12月04日

「自分を信じて」

MISATO(中3)

「お前描くの遅いな。そんな細かいところまでやるってマジメかよ。」
 私は周りのクラスメイトに言われた。今、美術の授業で自画像を描いている。私は絵を描くことがはっきり言うと下手だ。だから、少しでも良くしようと細かいところまでこだわって描いている。周りはみんなもう終盤なのに、私はまだ全然書き上がっていない。

「キーンコーンカーンコーン。」
 授業終了のチャイムが鳴った。私は結局、授業時間内に終わらなかった。周りはほとんどが終わっていて、終わっていないのは三、四人だけだった。私の近くを通っていく友達は口々に
「すごいまじめだね。」
 とか
「少し手を抜けばいいのに。」
 と言い、笑いながら教室を出ていった。そんなセリフを聞きながら私は、手を抜くことができない自分にイライラしていた。残っていた人も一人、また一人といなくなっていったが、私は黙々と絵を描き続けた。そして自分が満足するような自画像が描き上がった。私は、後片付けをして自分の荷物をまとめ、部活に向かった。

 部活に出るととなりのクラスの女子が
「自画像の残りだったの?」
 と聞いてきた。私が無口でうなずくと、
「そっか。お疲れ。」
 と言ってくれた。私はまだ、時間がかかった事にへこんでいる。彼女はふとこんな事を言ってきた。
「そう言えば、こっちのクラスで、いつも、うまい自画像って言って、先生が見せてたよ。」
 私はそれを聞いて、衝撃を受けた。周りに色々言われ、自分のやり方が間違っているのではないかと思い始めていたが、間違ってはいなかったのだ。私は、周りに言われたことを気にし過ぎたと後悔し、自分を信じて突き進んでも良いんだと思った。

 私はこのことをから、周りに合わせることも時には大切だが、周りに左右されずに貫くことも大切だと学んだ。




クラスメイトからの言葉を気にしたり、手を抜くことができない自分にイライラしたりする様子には読んでいて辛くなりますが、それでも「残っていた人も一人、また一人といなくなっていったが、私は黙々と絵を描き続けた。」という一文に主人公の信念を感じ、応援したい気持ちになりました。この作文を読んでいて思ったのは、とにかく良い経験と良い気づきをしたなということです。そしてそのことを作文に書いたことで、自分の考えが整理され、今回学んだことがより明確に心に刻まれたことでしょう。これからも自分の信じる道を信じるやり方で進んでいってください。苦難にあっても信念を持って進める強さがあれば道は開かれると僕も信じています。

塾長
posted by 塾長 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介

「山頂に行くために」

MAO(小5)

「坂、急だねー。」
 とみんなが言う。今から私達五年生は、金時山に登る。みんなは登る気満々だ。私も最初はやるぞーと思っていたが、初めての山登りはそんなかんたんなものではなかった。

 しばらく歩いていくと、みんなの声は聞こえなくなってしまった。ある女の子は山登りがすごく大変だったみたいで、先生と一緒に山のとちゅうで休んでから来るようだった。だから私は、
「がんばろう!」
 と声をかけた。私は他の子にも同じように
「がんばろう!」
 と言った。

 するとその女の子は、休んだ分を取りもどして私達の列に来た。この時はそこまで苦しくなかったみたいだ。でもまたその女の子はさっきよりも疲れてきたみたいで、またしても山のとちゅうで休んでしまった。私はその女の子に
「絶対、山頂まで登りきって一緒にお弁当食べよう!」
 と言った。そして私達はそのまま山頂へ向かい始めた。しかし夏ごろに痛めた私の足がまたしても痛くなってきた。私はそれでも休まずにただ歩き続けた。先生が
「もうすぐ山頂だよ!」
と言ったときはやっと山頂につくんだ!と思った。

 ついに私達は山頂へとたどりついた。けれど私はあの女の子のことが心配だった。ずっと山頂で待っていたら女の子がやって来た。その女の子が見えて私は女の子の元へかけよった。
「おつかれ!ごはん食べよう。」
 と言った。そして私達は絶景を見ながらおいしいご飯を食べた。




この作文は学校生活で心に残っていることについて書いてもらったものです。

登山と言ういつもとは違う辛い状況を題材にしながら、自分のことだけでなく、友だちのことも書けているのには感心しました。こういう場合、自分が頑張った話になりがちなのですが、登山が苦手である女の子とそれを待つ主人公という二人を話の中心に据えたことで、かえって主人公の性格や様子が良く伝わってきました。主人公だけでなく、それに関わる人のことも大切に描くという方法は今後も有効ですので、忘れずにいて欲しいです。良く書けました。

塾長
posted by 塾長 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文紹介
プロフィール
名前:塾長
自由が丘で作文教室を運営。
小学生から高校生まで広い年齢層の子供たちとともに、書かされるのではなく、書きたくなる作文を目指して活動中。